クリプトリーマンの仮想通貨体験記

仮想通貨系HYIPに130万円詐欺られどん底から仮想通貨で逆転を目指すブログ。みんな情報交換しようや!!

【まとめ】仮想通貨投資の利益や税金を楽々計算できるサービス

f:id:cryptoriman:20171124164844p:plain

こんにちはクリプトリーマンです。

みなさんは仮想通貨投資でどれだけ利益を出しましたか??
イナゴばかりしてたら設けがほとんどないという人もいるでしょうか?

しかし、利益を出した方は申告や納税の義務が生じますね。特に年末や年度末に向けてあせる人も出てくるのではないでしょうか?

最近、仮想通貨の税金に関するサービスが増えているようです。今回は話題のサービスを紹介したいと思います。

「Guardian」- Twitter上での税金相談から始まり、5000万円調達し事業化!!

f:id:cryptoriman:20171124154759p:plain

12月1日からスタートする税理士紹介・記帳代行サービス「Guardianです。

ただ仮想通貨税務に詳しい税理士を紹介するだけでなく、取引履歴から所得が把握サービスも開発・提供するとのことです。

国内外の取引所10社を中心に、取引履歴照会のAPIを公開している取引所についてはAPI登録のみで自動で所得を集計。APIを公開していない取引所についてもCSVアップロードなどで所得が集計できる。
引用:仮想通貨の税務問題を解決する「Guardian」提供元が約5000万円を調達――Twitterで350件以上の相談を受け事業化 | TechCrunch Japan

▽料金は以下の通りとなっています。

f:id:cryptoriman:20171124154755p:plain

運営会社は株式会社Aerial Partnersで、代表取締役の沼澤健人氏は元はあずさ監査法人でM&A業務をしていたとのことです。

f:id:cryptoriman:20171124155641p:plain

資金調達額は5000万円で調達先は以下の有名投資家たちです。

  1. 日本テクノロジーベンチャーパートナーズ
  2. CAMPFIRE代表取締役の家入一真氏
  3. 3ミニッツ取締役CFOの石倉壱彦氏を含む複数の個人投資家

元は2017年7月からTwitterで「2匹目のヒヨコ」というアカウントで仮想通貨の投資利益に関する納税の相談を受け付けていましたが、個人では対応できないほど相談が寄せられたため事業化することにしようです。

ここぞ!というタイミングでのローンチなのでとても需要があり、たくさんの顧客を獲得するでしょう。この後の仮想通貨に対する課税が法的に明確化されていけば、さらにこのようなサービスは必要とされると思います。

「Keiry」- 無料で使える損益計算サービス

f:id:cryptoriman:20171124161313p:plain

Keiryは取引所やウォレットの履歴から仮想通貨投資の損益を簡単に検索してくれるサービスです。

f:id:cryptoriman:20171124161309p:plain

▽ダッシュボードはシンプルで見やすいですね!!
損益のレポートを出力するとメールが送信され記載のリンクからCSVファイルをダウンロードできます。

f:id:cryptoriman:20171124161842p:plainf:id:cryptoriman:20171124161837p:plain

▽対応している取引所とウォレットはまだ少ないようですね。今後追加されることに期待します。コインチェックやBittrex、Binanceなどが追加できればかなりユーザーが伸びるのではないでしょうか。

f:id:cryptoriman:20171124161945p:plain

f:id:cryptoriman:20171124161942p:plain

▽料金は無料!!でも便利なサービスなら少しくらいお金を払いたいものです。ビットコイン払いできないかな?

f:id:cryptoriman:20171124161305p:plain

 

今後の仮想通貨会計サービスの増加に期待!!

今年は仮想通貨の社会への浸透する上で様々なルールが整備されました。

  • 仮想通貨を法的な価値交換手段として明確化
  • 税法上の仮想通貨の課税の扱いの明確化
  • 金融庁による取引所の認可制導入

以上のような取り組みは海外からもかなり先進的だと評価されております。
経済大国日本での仮想通貨への様々な取り組み事例は各国政府の政策に大きく影響を与えるでしょう。壮大な社会実験は始まったばかりで、仮想通貨先進国として先陣を切っていきたいですね!!

来年はさらに仮想通貨投資家が増えることでしょう。そのため仮想通貨会計サービスはどんどん有望市場となっていくことが予想されます。

仮想通貨会計サービスのICOがあったら投資してしまうかも笑

それでは。